岡弁(岡山県倉敷市の弁護士)ブログ

岡山県倉敷市で法律事務所を経営する弁護士(若手→中堅)が日々の雑感をつぶやきます。紛らわしいですが岡山弁護士会の公式ブログではありませんのでご了解ください(笑)

謹呈本

ちょっと必要があって古本を購入してみたら、
 
著者からの謹呈本でした。
 
 
森泉章先生はとても著名な先生で、この本も利息制限法の分野では割と有名な本なので、なんだかちょっと得した気分。
 
古本ってこういう出会いもあるから良いですよね。
 
内容も実に味があります。
 
特に「序説」の「利息制限の立法小史」がイイ。
 
ユスティニアヌス帝の法における利息制限から始まって、キリスト教における徴利の禁止、近代市民社会における各国の情勢まで。
 
我が国の利息制限法制史に関しても、律令下における「私出挙」にまで遡った記述がなされています。
 
個人的に面白いと思ったのは、徳川幕藩体制下において、すでに法定利率を超えるものについて訴権を与えない(上限利率を超える利率に基づく裁判はできず、一定の利率に引き直しをさせられる)という制度になっていたという点。
 
なんだこれは。近現代と同じじゃないか。
 
明治10年制定の利息制限法が上限利率を超過する利息について「裁判上無効」と規定していることの萌芽は、すでに江戸時代にあったんですね。
 
勉強になりました。